10代の少女がオナニー

かつてはオナニーは忌み嫌われるものであり、恥ずかしい行為として捉えられていました。したがって、オナニーをするたびに後ろめたい気持ちになった人も少なからずいるでしょう。
しかし、そんな必要はありません。男性のオナニー経験率はほぼ100%というデータがあります。女性にも当然、性欲はあります。
10代の少女がオナニーを始めるということは、性に目覚め大人の女性になっている証です。決して悪いことではありません。
実際、面白い話があります。もう10年も前の話ですが、中米のある国で、農薬の成分が減員で子供たちの身体が異常なスピードで発達するという事件があったのです。大人は、もうすでに身体が出来上がっていますから、見た目上問題を感じなかったようです。ただ、10歳未満の子供が大人の体つきになってしまうということが起こったのです。農薬を散布された野菜に含まれていた成分が、性ホルモンの分泌を促したことが原因だったと判明しました。
さらに驚くべくことはこれだけでなく、母体から物質を摂取した女の子がわずか1歳でオナニーをしたと報告されたのです。これには、性的にオープンな国も、驚いたようですね。
いやはや1歳でオナニーとは・・・。しかしこのことは、性ホルモンが分泌されると、別に誰かにオナニー方法を学ばなくても、正常な身体の持ち主ならば、誰もがオナニーをするものであるという裏付けになったと言えるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年12月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:体験談

このページの先頭へ